2020.10.16 よる9時〜10時54分放送

プラダを着た悪魔

2006年制作 アメリカ映画 字幕 二ヶ国語

みんなの評価:★★★★★

作品情報をシェアしてポイントをGET!

※ポイントを保存するには
金曜ロードシネマクラブへの
ログインが必要です。

ココがみどころ!!

視聴者リクエスト企画女性人気No.1!
入社1年目のド新人がカリスマ編集長に立ち向かう!
画像

恋に仕事に頑張る女性の大ヒットサクセスストーリー
熱く美しき女のバトル!!

視聴者からのリクエスト企画第3弾!第二夜は、今回女性から最もリクエストが寄せられた、今なお各世代の女性から絶大な支持を受けている大ヒット作!物語の舞台は、NYにある一流ファッション誌「ランウェイ」の編集部。ジャーナリストを目指して田舎からNYにやってきた、ファッションにはまるで興味のない女性が、悪魔的に厳しい「ランウェイ」の編集長のアシスタントとして働くことになるのだが…!? 恋に仕事に一生懸命な女性が、失敗を繰り返しながら成長していく姿に、女性はもちろん、男性も思わず共感してしまうはず! 本作でブレイクしオスカー女優に上り詰めたアン・ハサウェイと、オスカー最多ノミネートを誇る名優、メリル・ストリープの競演も見ごたえ抜群。観たらきっと「明日も頑張ろう!」と思わせてくれる、絶品のサクセスストーリーだ。

ストーリー

悪魔との出会いが彼女の運命を変えた!
仕事も恋も諦めない女性に贈る応援歌
画像

大学卒業後、ジャーナリストを目指して活動中のアンディことアンドレア(アン・ハサウェイ)は、ある日、モード系のファッション誌「ランウェイ」の面接を受けることに…。ファッションに疎いアンディが面接に着て行ったのはダサダサな洋服。世界中のトレンドを支配している編集長のミランダ(メリル・ストリープ)は愕然。しかし、アンディの賢さとやる気に期待をかけ、ジュニア・アシスタントとして採用することに。先輩アシスタントのエミリー(エミリー・ブラント)の指導を受けながらミランダのために日々走り回るアンディだったが、業界用語もデザイナーの名前も知らないアンディにとって職場で交わされる会話は外国語も同然。無理難題を命じられた上に、無能呼ばわりされたアンディは、折れそうになる心を恋人のネイト(エイドリアン・グレニアー)に慰めてもらおうとするも、デート中に電話が入ることも当たり前で本気でアシスタントを辞めようと思い悩む…。

画像

ある日、ミランダの右腕的存在でファッション・ディレクターのナイジェル(スタンリー・トゥッチ)から、ファッションに対する自分の認識が間違っていることを指摘されたアンディは一念発起。ファッションの世界の奥の深さを知るため、まずは自分の“見た目”を変えることに。次第にファッション業界の面白さを理解するようになったアンディは、遂にミランダの信頼を勝ち取るまでに成長する。 順調な仕事とは裏腹に、恋人との関係はギクシャクするばかり。恋も仕事も手に入れることは自分には無理なのかと、アンディは思い悩む。一方、向かうところ敵ナシ状態のはずのミランダにも、思いがけない罠が忍び寄っていた!! そして、訪れたパリ出張の日。アンディとミランダを待ち受ける運命とは…!?

キャスト/スタッフ

出演

<ミランダ・プリーストリー> 
メリル・ストリープ(夏木マリ)

<アンドレア“アンディ”・サックス> 
アン・ハサウェイ(小林沙苗)

<エミリー> 
エミリー・ブラント(松谷彼哉)

<ナイジェル> 
スタンリー・トゥッチ(岩崎ひろし)

<ネイト> 
エイドリアン・グレニアー(加瀬康之)

<クリスチャン・トンプソン> 
サイモン・ベイカー(東地宏樹)

スタッフ

<監督> 
デヴィッド・フランケル

<脚本> 
アライン・ブロッシュ・マッケンナ

<原作> 
ローレン・ワイズバーガー

<製作> 
ウェンディ・フィネルマン

<製作総指揮> 
カレン・ローゼンフェルト 
ジョー・カラッシオ・ジュニア

<撮影監督> 
フロリアン・バルハウス

<美術> 
ジェス・ゴンコール

<編集> 
マーク・リヴォルシー

<衣装> 
パトリシア・フィールド

<音楽> 
セオドア・シャピロ

<音楽監修> 
ジュリア・マイケル

オススメコンテンツ