システムメンテナンスが終了いたしました。

視聴バッジ付与・ポイント付与・金曜ロードシアターへのご参加、プレゼントのご応募の際は、ログインが必要です。右上に「会員登録/ログイン」ボタンが表示されている場合は、ボタンからログインをお願いいたします。

12/3(金)の金曜ロードシアターで不具合が生じました件、ご参加頂いた皆様には、ご迷惑をおかけ致しまして誠に申し訳ございません。 只今、原因究明に努めております。ポイントのフォローなどにつきましては追ってアナウンスさせて頂きます。何卒よろしくお願い申し上げます。

11/19(金)『アナと雪の女王2』の放送中、一部の方に視聴バッジ・Twitterのシェアのポイントが付与されたような誤表示が出ておりましたが、 メンテナンス期間の放送のため、視聴バッジ・ポイントは付与されません。大変申し訳ございません。

2021.11.26 よる9時〜11時24分放送

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

2005年制作 アメリカ映画 二ヶ国語 字幕 30分拡大

みんなの評価:★★★★☆

作品情報をシェアしてポイントをGET!

※ポイントを保存するには
金曜ロードシネマクラブへの
ログインが必要です。

ココがみどころ!!

「ハリー・ポッター」公開20周年記念!
史上最強のファンタジーシリーズ第4弾が登場!
画像

ハリーの両親を殺した宿敵が遂に現れる!
14歳になったハリーは、自らの運命と戦う決意を固める

ハリー・ポッター第1作「賢者の石」の映画公開から20周年!世界中で愛され、今も人々を魅了し続けている大ヒットシリーズの4作目を放送! 14歳になったハリーは、魔法学校の代表選手が魔法を競い合うイベント「三大魔法学校対抗試合」に出場することに。スリルに満ちた魔法競技の数々に挑む中で、初めての恋を経験し、仲間との友情を育んでいくハリー。しかしその影で、邪悪な存在がうごめきはじめていて…。ハリーの両親を殺した宿敵、闇の帝王・ヴォルデモートが遂に復活!自らの運命と向き合い、戦う決意を固めたハリーを待ち受けるのは?よりドラマティックに展開していく物語から目が離せない!!

ストーリー

伝説のイベント「三大魔法学校対抗試合」
代表選手になったハリーを待ち受けるのは―!?
画像

クィディッチ・ワールドカップの決勝戦当日。世界中の魔法使いが集う華やかなスタジアムの上空に浮かび上がったのは、不吉な“闇の印”。それは魔法界を揺るがす大事件の始まりを意味していた。そんな中、ハリー(ダニエル・ラドクリフ)にとって4回目の新年度がスタート。ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)は、伝説の「三大魔法学校対抗試合」を100年ぶりにホグワーツで復活させることを宣言する。

画像

競技に参加することができるのは、屈強な魔法使いが集うダームストラング校と美しくも勇敢なお嬢様軍団ボーバトン校、そしてホグワーツ魔法魔術学校それぞれを代表する17歳以上の生徒各1名ずつ。選手を選ぶ“炎のゴブレット”は、ホグワーツの代表にセドリック(ロバート・パティンソン)と、何故かハリーを指名する。まだ17歳に満たないハリーは選手に立候補すらしていなかったのだが…!? 謎が解けないまま、対抗試合がスタート!! ハリーたちは、知恵と勇気、そして友情を武器に体験したことのない試練に立ち向かっていく。そして、時を同じくして「クリスマスの舞踏会のパートナーを選ぶ」という難関にも挑むことになったハリーとロン(ルパート・グリント)は、それぞれチョウ(ケイティー・ラング)とハーマイオニー(エマ・ワトソン)を気にかけていたが…

キャスト/スタッフ

出演

<ハリー・ポッター> 
ダニエル・ラドクリフ(小野賢章)

<ロン・ウィーズリー> 
ルパート・グリント(常盤祐貴)

<ハーマイオニー・グレンジャー> 
エマ・ワトソン(須藤祐実)

<ドラコ・マルフォイ> 
トム・フェルトン(三枝享祐)

<ビクトール・クラム> 
スタニスラフ・アイエネフスキー(坂詰貴之)

<チョウ・チャン> 
ケイティー・ラング(川庄美雪)

<ネビル・ロングボトム> 
マシュー・ルイス(上野 容)

<セドリック・ディゴリー> 
ロバート・パティンソン(日野 聡)

<フラー・デラクール> 
クレマンス・ポエジー(小笠原亜里沙)

<ルビウス・ハグリッド> 
ロビー・コルトレーン(斎藤志郎)

<ヴォルデモート卿> 
レイフ・ファインズ(江原正士)

<アルバス・ダンブルドア> 
マイケル・ガンボン(永井一郎)

<マッド・アイ・ムーディ> 
ブレンダン・グリーソン(小林 修)

<ルシウス・マルフォイ> 
ジェイソン・アイザックス(諸角憲一)

<シリウス・ブラック> 
ゲイリー・オールドマン(辻 親八)

<スネイプ先生> 
アラン・リックマン(土師孝也)

<マクゴナガル先生> 
マギー・スミス(谷 育子)

<ピーター・ペティグリュー/ワームテール> 
ティモシー・スポール(茶風林)

<イゴール・カルカロフ> 
ペジャ・ビヤラク(清水明彦)

<マダム・マクシーム> 
フランシス・デ・ラ・トゥーア(久保田民絵)

<バーティ・クラウチ> 
ロジャー・ロイド・パック

<リータ・スキーター> 
ミランダ・リチャードソン(勝生真沙子)

<バーティ・クラウチJr.> 
デイビッド・テナント(桐本琢也)

スタッフ

<監督> 
マイク・ニューウェル

<脚本> 
スティーブ・クロ―ブス

<製作> 
デイビッド・ヘイマン

<原作> 
J.K.ローリング

<製作総指揮> 
デイビッド・バロン 
ターニャ・セガーチェン

<撮影> 
ロジャー・プラット,BSC

<美術> 
スチュアート・クレイグ

<共同製作> 
ピーター・マクドナルド

<音楽> 
パトリック・ドイル

<主題歌> 
ジョン・ウィリアムズ

<視覚効果監修> 
ジム・ミッチェル

<衣装> 
ジェイニー・ティーマイム

<クリーチャー特殊効果監修> 
ニック・ダドマン

<特殊効果監修> 
ジョン・リチャードソン

新着情報