2021.5.7 よる9時〜10時54分放送

タイタニック(前編)

1997年制作 アメリカ映画 字幕 二ヶ国語

みんなの評価:★★★★★

作品情報をシェアしてポイントをGET!

※ポイントを保存するには
金曜ロードシネマクラブへの
ログインが必要です。

ココがみどころ!!

金曜リクエストロードショー第4弾
洋画歴代№1ヒット作を2週にわたり放送!
画像

20世紀最大の海難事故=タイタニック号沈没事故
史実をもとにした切なく儚いラブストーリー

皆さんから見たい映画を募集する恒例企画「金曜リクエストロードショー」。第4弾は、洋画歴代No.1ヒットの映画史に残る不朽の名作を2週にわたり放送!画家を目指す奔放な青年ジャックと上流階級の娘ローズは、不沈と言われた豪華客船タイタニック号の船上で出会う。2人は身分の差を超え次第に惹かれ合うが、それもつかの間、タイタニック号に沈没の危機が訪れる…。20世紀最大の海難事故と言われるタイタニック号沈没事故を題材に、実在の人物たちとフィクションを織り交ぜて描くラブロマンス。レオナルド・ディカプリオ演じるジャックとケイト・ウィンスレット演じるローズの切なく儚いラブロマンスは、誰もの胸をときめかせる魅力に溢れている。セリーヌ・ディオンが歌った映画史に残るテーマソングも必聴の、世紀の大ヒット作だ!

ストーリー

希望を胸にタイタニックに乗り込んだ青年と
将来に絶望した娘の運命の恋の行方は…?
画像

1996年、タイタニック号に眠るお宝「碧洋のハート」を求めて、海底に沈んだ船体の調査を進めていたチームが、1枚の絵を発見した。そこに描かれていたのは、「碧洋のハート」を胸に付けた女性の姿。絵に描かれているのは自分だと名乗り出た老女(グロリア・スチュアート)は、調査チームのもとへ向かい、自らの体験を語り始める。
1912年4月、破産状態の家を救うため、アメリカで政略結婚をすることになったローズ(ケイト・ウィンスレット)は、婚約者のキャル(ビリー・ゼーン)と母と共にタイタニック号に乗り込んでいた。しかし、無教養で自己中心的なキャルとの結婚が耐えられなくなったローズは、船の舳先から海に飛び込もうとする。

画像

そんな彼女を助けたのは、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)。ポーカーでタイタニック号のチケットを手に入れた彼は、アメリカで画家になる夢を叶えようとしていた。ジャックと行動をともにする中で、ローズは何にも縛られず、才能にあふれた彼に次第に惹かれ始める。
母の説得により、一度はジャックとの恋を諦めようとしたローズ。しかし、彼への思いは捨てきれず、ジャックに自分をモデルに絵を描くよう依頼する。キャルから贈られた「碧洋のハート」だけを身に着けた絵に、キャルへのメッセージを添えて船室に置き去りにし、ジャックと共に逃げ出すローズ。しかし恋に燃え上がる2人に皮肉な運命が待っていた…。

キャスト/スタッフ

出演

<ジャック・ドーソン> 
レオナルド・ディカプリオ(石田彰)

<ローズ・デウィット・ブカター> 
ケイト・ウィンスレット(冬馬由美)

<キャル・ホックリー> 
ビリー・ゼーン(江原正士)

<モリー・ブラウン> 
キャシー・ベイツ(一城みゆ希)

<ブロック・ラベット> 
ビル・パクストン(堀内賢雄)

<ローズ・カルバート> 
グロリア・スチュアート(京田尚子)

<ルース・デウィット・ブカター> 
フランシス・フィッシャー(鈴木弘子)

<E.J.スミス船長> 
バーナード・ヒル(久米明)

<J・ブルース・イスメイ> 
ジョナサン・ハイド(羽佐間道夫)

<スパイサー・ラブジョイ> 
デビッド・ワーナー(稲垣隆史)

<トーマス・アンドリュース> 
ビクター・ガーバー(小川真司)

<ファブリッツィオ・デ・ロッシ> 
ダニー・ヌッチ(鳥海勝美)

<リジー> 
スージー・エイミス(山像かおり)

スタッフ

<監督・製作・脚本・編集> 
ジェームズ・キャメロン

<製作総指揮> 
レイ・サンチーニ

<製作> 
ジョン・ランドー

<撮影> 
ラッセル・カーペンター

<音楽> 
ジェームズ・ホーナー

新着情報