2020.10.30 よる9時〜11時24分放送

ハリー・ポッターと秘密の部屋

2002年制作 アメリカ映画 二ヶ国語 字幕

ハリー・ポッターと秘密の部屋 みたい!9765押してね! 予告動画を見る
みんなの評価:★★★★★

作品情報をシェアしてポイントをGET!

※ポイントを保存するには
金曜ロードシネマクラブへの
ログインが必要です。

ココがみどころ!!

4週連続!ハリポタ&ファンタビ祭り!
世界最強のファンタジーシリーズ第2作
画像

ハリー・ポッターの周りで起こる不可解な事件
それは大いなる陰謀の幕開けだった…

4週連続「ハリー・ポッター」&「ファンタスティック・ビースト」祭り!第2夜に登場するのは、ハリー・ポッターにまつわる謎が少しずつ明かされていくシリーズ第2作! 夏休み中のハリーの前に、屋敷しもべ妖精のドビーが現れた。学校に戻るなという彼の忠告を無視してホグワーツ魔法魔術学校に帰ったハリーは、仲間たちと一緒に、学校の中にある誰も場所を知らない「秘密の部屋」の謎に挑むことになるのだが…。「ハリポタ」のキャラクターの中でも絶大な人気を誇るドビーや空飛ぶ車など、ファンタジックな要素がますますパワーアップ。そして、ハリーの両親を死に追いやった宿敵・ヴォルデモートをめぐる謎もより深まっていく。いじめっ子なのにどこか憎めない、ドラコ・マルフォイの活躍にも大注目だ!

ストーリー

「秘密の部屋」に隠された謎が解かれた時
ハリーと闇の帝王の秘密が明らかに!?
画像

夏休みのある日、ダドリー家で過ごしていたハリー(ダニエル・ラドクリフ)の前に“屋敷しもべ妖精”のドビーが現れる。ドビーはホグワーツ魔法魔術学校に帰ってはいけないと忠告するが、ハリーはドビーが親友からの手紙を隠していたと知って激怒!ドビーの忠告を無視して、空飛ぶ車で迎えに来た親友のロン(ルパート・グリント)たちと共に残りの夏休みを過ごすことに。 新学期になり、ハリーがホグワーツに向かおうとすると、何故かホグワーツ行きの電車が発着するホームに入れなくなってしまう。仕方なくロンと一緒に空飛ぶ車で学校に向かうことにするが、着地に失敗して学校に古くから植えられていた“暴れ柳”の中へ落ちてしまう!

画像

さらに、飛んでいるところをマグル(=人間)に目撃されていて、スネイプ先生(アラン・リックマン)は二人に退学を命じる。ダンブルドア校長(リチャード・ハリス)のお陰でなんとか学校には残れることになったが、2年生としての生活は波乱だらけのスタートとなった。 そんなある日、学校の壁に「秘密の部屋は開かれた…」という謎のメッセージが出現した。同時にマグル出身の生徒が石にされる事件が次々に発生し…。犯人ではないかとウワサされるようになったのは、なんとハリー! 秘密の部屋はヘビ語を操る者でないと開くことができないため、ヘビ語を話せるハリーが疑われたのだ。親友のハーマイオニー(エマ・ワトソン)は、ハリーの無実を証明しようとするが…。

キャスト/スタッフ

出演

<ハリー・ポッター> 
ダニエル・ラドクリフ(小野賢章)

<ロン・ウィーズリー> 
ルパート・グリント(常盤祐貴)

<ハーマイオニー・グレンジャー> 
エマ・ワトソン(須藤祐実)

<ドラコ・マルフォイ> 
トム・フェルトン(三枝享祐)

<ジニー・ウィーズリー> 
ボニー・ライト(高野朱華)

<ダドリー・ダーズリー> 
ハリー・メリング(忍足航己)

<ミスター・アーガス・フィルチ> 
デイビッド・ブラッドリー(青野 武)

<ギルデロイ・ロックハート> 
ケネス・ブラナー(内田直哉)

<ほとんど首なしニック> 
ジョン・クリーズ(たかお鷹)

<ルビウス・ハグリッド> 
ロビー・コルトレーン(斎藤志郎)

<フリットウィック先生> 
ウォーウィック・デイビス

<バーノン・ダーズリー> 
リチャード・グリフィス(楠見尚己)

<コーネリウス・ファッジ> 
ロバート・ハーディー(篠原大作)

<ダンブルドア校長> 
リチャード・ハリス(永井一郎)

<嘆きのマートル> 
シャーリー・ヘンダーソン(坂本千夏)

<ルシウス・マルフォイ> 
ジェイソン・アイザックス(諸角憲一)

<マダム・ポンフリー> 
ジェマ・ジョーンズ(麻生美代子)

<スプラウト先生> 
ミリアム・マーゴーリズ(山本与志恵)

<マダム・ピンス> 
サリー・モーティモア

<セブルス・スネイプ先生> 
アラン・リックマン(土師孝也)

<ペチュニア・ダーズリー> 
フィオナ・ショー(さとうあい)

<ミネルバ・マクゴナガル先生> 
マギー・スミス(谷 育子)

<ミセス・モリー・ウィーズリー> 
ジュリー・ウォルターズ(一龍斎貞友)

<ミスター・アーサー・ウィーズリー> 
マーク・ウィリアムズ(梅津秀行)

スタッフ

<監督/製作総指揮> 
クリス・コロンバス

<製作> 
デイビッド・ヘイマン

<製作総指揮> 
マーク・ラドクリフ 
デイビッド・バロン

<脚本> 
スティーブ・クローブス

<編集> 
ピーター・ホネス

<音楽> 
ジョン・ウィリアムズ

<撮影> 
ロジャー・プラット

<美術> 
スチュアート・クレイグ

<衣装> 
リンディー・ヘミング

<視覚効果監修> 
ジム・ミッチェル 
ニック・デイビス

<特殊効果監修> 
ジョン・リチャードソン

<クリーチャー特殊効果監修> 
ニック・ダドマン