2020.7.24 よる9時〜11時24分放送

ジュラシック・ワールド/炎の王国

2018年制作 アメリカ・スペイン映画 字幕 二か国語 地上波初放送 30分拡大

みんなの評価:評価がありません

作品情報をシェアしてポイントをGET!

※ポイントを保存するには
金曜ロードシネマクラブへの
ログインが必要です。

ココがみどころ!!

夏だ!映画だ!恐竜だ!
シリーズ最新作が地上波初放送!
画像

シリーズ最多!恐竜オンパレード!
さらに遺伝子操作により新種の恐竜誕生!

スティーヴン・スピルバーグ監督が手掛けた映画史にその名を刻む大ヒット映画「ジュラシック・パーク」シリーズの最新作が、地上波初放送!遺伝子操作で生みだされた恐竜が暴走した「ジュラシック・ワールド」の事件から3年。恐竜たちが自由に暮らしていた島の火山が噴火し、恐竜を別の島に移す計画が立てられた。しかし、その陰では大きな陰謀が渦巻いていて…! 様々な年代を代表する恐竜たちに加えて、遺伝子操作で生み出された新恐竜など、シリーズ史上最多の恐竜が画面狭しと走り回る! 恐竜を守るため奮闘する主人公とヒロインたちと、陰謀を察知してしまった少女を巡るスリリングなストーリー展開からも目が離せない。夏にピッタリのアドベンチャームービーだ!

ストーリー

火山の噴火で絶滅の危機にさらされた恐竜たち
人間は恐竜を救うべきなのか?それとも…?
画像

現代に蘇った恐竜を展示するテーマパーク「ジュラシック・ワールド」で、遺伝子操作で生み出された恐竜、インドミナス・レックスが暴走した惨劇から3年。テーマパークがあった島では、自由に恐竜たちが暮らしていた。そんな中、島の火山活動が活発化。恐竜の保護が叫ばれる中、何者かが島からインドミナス・レックスの骨を盗み出していった。 テーマパークの元責任者で、恐竜保護団体を設立したクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、「ジュラシック・パーク」の生みの親のビジネスパートナーだったベンジャミン(ジェームズ・クロムウェル)に協力を仰ぐことに。ベンジャミンの下で働くイーライ(レイフ・スポール)は、恐竜を安全な島に移送すると約束。

画像

高い知能を持つヴェロキラプトルのブルーの保護を条件に出されたクレアは、ブルーを調教していた元恋人のオーウェン(クリス・プラット)と共に島に向かったが、イーライが手配した傭兵に裏切られてしまう。 イーライの目的は、恐竜を兵器として各国に売りさばくこと。高い攻撃力を持つインドミナス・レックスを、人間に従順な“兵器”に作り変えるためには、ブルーのDNAが必要だったのだ。襲いかかる恐竜たちと、降り注ぐ溶岩からなんとか逃げ出したクレアとオーウェンだったが、イーライに捕らえられてしまう。一方、孫娘のメイジー(イザベラ・サーモン)からイーライの企みを知らされたベンジャミンは、彼を止めようとするが…!

キャスト/スタッフ

出演

<オーウェン・グレイディ> 
クリス・プラット(玉木 宏)

<クレア・ディアリング> 
ブライス・ダラス・ハワード(木村佳乃)

<イーライ・ミルズ> 
レイフ・スポール(内田夕夜)

<フランクリン・ウェブ> 
ジャスティス・スミス(満島真之介)

<ジア・ロドリゲス> 
ダニエラ・ピネダ(石川由依)

<ベンジャミン・ロックウッド> 
ジェームズ・クロムウェル(中田譲治)

<エヴァーソル> 
トビー・ジョーンズ(高木渉)

<ケン・ウィートリー> 
テッド・レヴィン(黒田崇矢)

<イアン・マルコム> 
ジェフ・ゴールドブラム(大塚芳忠)

<ウー博士> 
B・D・ウォン(近藤浩徳)

<アイリス> 
ジェラルディン・チャップリン(池田昌子)

<メイジー・ロックウッド> 
イザベラ・サーモン(住田萌乃)

スタッフ

<監督> 
J・A・バヨナ

<脚本> 
デレク・コノリー&コリン・トレボロウ

<製作総指揮> 
スティーヴン・スピルバーグ 
コリン・トレボロウ

<音楽> 
マイケル・ジアッキノ

<ジュラシック・パークテーマ曲> 
ジョン・ウィリアムズ

オススメコンテンツ