2020.6.12 よる9時〜10時54分放送

バック・トゥ・ザ・フューチャー

1985年制作 アメリカ映画 字幕 二ヶ国語

みんなの評価:★★★★★

作品情報をシェアしてポイントをGET!

※ポイントを保存するには
金曜ロードシネマクラブへの
ログインが必要です。

ココがみどころ!!

皆様の声にお応えする
視聴者リクエスト企画第2弾!
3週連続「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
画像

映画史に残る大ヒットシリーズ
今こそ一気に見たい歴史的名作

視聴者リクエスト企画の第2弾は、3週連続「バック・トゥ・ザ・フューチャー」! 公開から35年を経てなお愛され続ける、名作タイムトラベルアドベンチャーが登場だ。物語は、高校生のマーティがタイムマシンの車・デロリアンで、30年前にタイムスリップするところからスタート。そこで出会ったのは若き日の両親。うっかり将来の母親に好かれてしまったマーティは、父と母を結びつけるためにひと肌脱ぐことになるのだが…! 至るところにクライマックスに向けた伏線を張り巡らせながら、家族や友情の大切さをコメディーを交えつつ描く展開に、一度見始めたら引き込まれること間違いなし! 今回初めて見る若い世代とオールドファンに一緒に楽しんでほしい、家族みんなで盛り上がれる名作だ。

ストーリー

若き日の母が自分に恋をしたら、未来の自分は消えてしまう!
果たしてマーティは無事にもとの世界に戻れるのか!?
画像

マーティ(マイケル・J・フォックス)は、ロックとスケボーを愛する高校生。父のジョージ(クリスピン・グローバー)は上司のビフ(トーマス・F・ウィルソン)からの嫌がらせに反撃することもできず、母のロレイン(リー・トンプソン)はいつも不機嫌。母が“父にひと目惚れをして、ダンスパーティでキスをして結ばれた”という話を披露した夜、マーティは科学者で親友のドク(クリストファー・ロイド)に呼び出された。ドクの愛車・デロリアンをタイムマシンに改造したというのだ。しかしそこに、デロリアンを動かすために必要なプルトニウムを狙うリビアの過激派が現れ、あろうことかドクを射殺!

画像

彼らから逃げようとデロリアンを加速させたマーティは、30年前の世界にタイムスリップしてしまう!30年前の1955年の世界では、高校生のジョージが相変わらずビフから酷い目に遭わされていた。マーティはジョージを尾行するが、ノゾキをしようとして木から落ちたジョージを助けようとして、車にひかれてしまう! マーティを助けた若き日のロレインは、マーティにひと目惚れ。本当なら、ジョージが車にひかれてロレインと恋に落ちるはずだったのに…。マーティは助けを求めに、若き日のドクに会いに行き事情を説明すると、このままでは未来が変わり、自分が消えてしまうと言われる!

キャスト/スタッフ

出演

<マーティ・マクフライ> 
マイケル・J・フォックス(山寺宏一)

<ドク・ブラウン> 
クリストファー・ロイド(青野武)

<ロレイン・マクフライ> 
リー・トンプソン(佐々木優子)

<ジョージ・マクフライ> 
クリスピン・グローバー(富山敬)

<ビフ・タネン> 
トーマス・F・ウィルソン(谷口節)

<ジェニファー> 
クローディア・ウェルズ(勝生真沙子)

<デイブ・マクフライ> 
マーク・マックルーア(星野充昭)

<リンダ・マクフライ> 
ウェンディ・ジョー・スパーバー(亀井芳子)

<サム> 
ジョージ・ディセンゾ(池田勝)

<ストリックランド校長> 
ジェームズ・トルカン(大木民夫)

<ウイルソン> 
ドナルド・フュリラブ(秋元羊介)

<マービン・ベリー> 
ハリー・ウォーターズ・Jr(石丸博也)

<マッチ> 
ビリー・ゼイン(古田信幸)

スタッフ

<製作総指揮> 
スティーヴン・スピルバーグ 
フランク・マーシャル 
キャスリーン・ケネディ

<監督> 
ロバート・ゼメキス

<脚本> 
ロバート・ゼメキス 
ボブ・ゲイル

<音楽> 
アラン・シルベストリ

オススメコンテンツ