2020.9.4 よる9時〜11時14分放送

君の膵臓をたべたい

2017年制作 日本映画 20分拡大 字幕放送 解説放送

みんなの評価:★★★★★

作品情報をシェアしてポイントをGET!

※ポイントを保存するには
金曜ロードシネマクラブへの
ログインが必要です。

ココがみどころ!!

浜辺美波×北村匠海 W主演
大ベストセラー小説の実写映画!
画像

偶然知ってしまった彼女の秘密…
儚くて美しい青春物語

若い女性層を中心に「泣ける小説」として話題になったベストセラー小説を実写映画化。「キミスイ」という流行語を生み、社会現象にもなった話題作!クラスの人気者の桜良が重い膵臓の病気を患っていることを偶然知ってしまった、内気な“僕”。秘密を共有することになり、距離を縮めていく2人…。瑞々しく繊細に演じた浜辺美波と、北村匠海の演技は、絶品!原作にはない12年後現在、僕役の小栗旬の好演も光る!

ストーリー

内気な少年と余命わずかな少女
感動のヒューマンドラマ
画像

母校に勤める高校教師の僕(小栗旬)は、ある時、取り壊しが決まった図書館の蔵書の整理を頼まれる。高校時代、図書委員として書庫の整理ばかりしていた僕は、懐かしい図書館で、書庫の整理の邪魔ばかりしていたクラスメイトのことを思い出す。 彼女の名前は桜良(浜辺美波)。僕(北村匠海)が盲腸で入院していた時に、偶然拾った日記の持ち主だった。その日記「共病文庫」を読んだ僕は、彼女が膵臓の病気で余命わずかであることを知ってしまう。その日から、クラスの人気者の桜良が僕に急接近したことで桜良の親友の恭子(大友花恋)が、桜良の“一番の仲良し”の座を奪った僕に反発。

画像

桜良の元カレで学級委員長の浜家(桜田通)やガム君(矢本悠馬)ら、今まで話したことのなかったクラスメイトと会話をするようになり、僕の世界が広がり始める。 そんな中、僕は桜良の「死ぬまでにやりたいこと」に付き合うことに。一緒にスイーツを食べに行ったり、九州に旅行に行ったり。人と関わりを持つことが苦手だった僕は、桜良と一緒に過ごす内に、彼女に心を開き始める。同時に、他者と関わらなければ知ることのなかった喜びや、人を傷つけることの痛みを知っていく。 一方、現代の恭子(北川景子)は結婚を目前に控え、桜良のことを思い出していた。桜良が大切なあまり、僕を傷つけていた恭子。僕は、恭子から結婚式の招待状を受け取るが…。

キャスト/スタッフ

出演

<山内桜良> 
浜辺美波

<僕> 
北村匠海

<滝本恭子> 
大友花恋

<ガム君> 
矢本悠馬

<浜家隆弘> 
桜田通

<栗山> 
森下大地

<宮田一晴> 
上地雄輔

<恭子(12年後)> 
北川景子

<僕(12年後)> 
小栗旬

スタッフ

<原作> 
住野よる「君の膵臓をたべたい」(双葉社刊)

<脚本> 
吉田智子

<監督> 
月川翔

<音楽> 
松谷卓