ニュース&コラム

ニュース
2020.6.22

いよいよ完結!リアルタイムで見よう!『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』を10倍楽しく見る方法!

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3のポスター

「金曜ロードSHOW!」視聴者リクエスト企画第2弾として3週連続放送の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ、いよいよ完結編のPART3が今週金曜夜9時放送となります。今度は100年前の大昔にタイムスリップ!そこでPART3をより楽しく見るポイントをご紹介します!

ポイント1:1人で何役!?登場人物に注目!

主人公マーティ役のマイケル・J・フォックスは、PART2では“未来のマーティ”、“未来の息子役”、“未来の娘役”と1人4役を演じました。PART3では“100年前の祖先役”も演じます。
主人公の母親役のリー・トンプソンは、PART1では“現在(メイクで加齢)”と“ハイスクール時代”、PART2では“ビフの妻”を演じましたが、PART3では同じく“祖先役”でも登場します。
主人公の父親の天敵ビフ・タネン役のトーマス・F・ウィルソンは、PART1では“父親の会社の上司”と“ハイスクール時代”、PART2では“30年後の老け役”、“歴史が変わってしまった1985年での大富豪役”も演じました。PART3では“町の荒くれ者”として再び、主人公マーティの前に立ちはだかります。
またPART1・PART2でスキンヘッドの厳格なキャラクター、“ストリックランド教頭”を演じたジェームス・トールカンもある役で再登場します。厳格なキャラクターはそのままなのですが、スキンヘッドではないので意識して見ないと見過ごしてしまうかも。“ストリックランド”という特徴ある名前に注意しておくといいかもしれません。

【マイケル・J・フォックス(主人公・マーティ)】

未来のマーティ
未来のマーティ
未来の息子
未来の息子
未来の娘
未来の娘
100年前の祖先
100年前の祖先

【リー・トンプソン(主人公の母親・ロレイン)】

1985年の現在
1985年の現在
ハイスクール時代
ハイスクール時代
1985年ビフの妻
1985年ビフの妻
100年前の祖先
100年前の祖先

【トーマス・F・ウィルソン(主人公の天敵・ビフ)】

父親の会社の上司
父親の会社の上司
ハイスクール時代
ハイスクール時代
2015年の老人
2015年の老人
1985年の大富豪
1985年の大富豪
町の荒くれ者
町の荒くれ者

【ジェームス・トールカン(主人公の学校の先生・ストリックランド)】

ジェームス・トールカン
ジェームス・トールカン

ポイント2:2度ある事は3度ある!?天敵ビフが堆肥の山に突っ込むお約束シーンは?

PART1では、主人公マーティをつかまえようと車で追いかけるハイスクール時代のビフが、最後は堆肥の山に突っ込んでしまい、マーティを取り逃がすというシーンがありました。PART2でも、車を運転するビフがマーティとスポーツ年鑑(物語のキーとなっているグッズ)を奪い合うシーンで、最後はやはり堆肥の山に突っ込んでしまいました。PART3の舞台となる1885年はまだ自動車はありませんが、2度ある事は3度あるのか?是非ご注目ください!また「腰抜け!」と言われるとキレてしまうマーティの姿もこれまで度々登場しましたが、今回もこのセリフが登場します。その時マーティが取る行動にもご注目を!

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのワンシーンバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのワンシーン
バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのワンシーンバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのワンシーン

ポイント3:未来のスケボー・ホバーボードが物語の鍵を握る!

PART1の1955年の世界では、主人公マーティがキャスター付きの台車をスケボー替わりに利用していましたが、PART2の2015年の世界では、“宙に浮かぶスケボー”として「ホバーボード」が登場しました。主人公マーティが天敵ビフの孫・グリフから逃げる際に大活躍したアイテムですが、100年前にタイムスリップする際にタイムマシンのデロリアン号に何げなく積んでおくシーンが登場します。実はこれが大きな伏線になっているんです!1855年の世界で、伏線がどう回収されるかは是非リアルタイムで確認してください!

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのワンシーンバック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのワンシーン

ポイント4:時計台の歴史に注目

1985年では故障して止まった状態で登場する時計台ですが、実はその故障の理由が、マーティが1955年から30年後に戻ろうとした時に利用した落雷が原因だったという因縁の建物。この時計台の歴史も明らかになるのでご注目を!

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズのポスター

ポイント5:主人公マーティの彼女と30年後のマーティ

最後は、PART2の前半にサラっと出てくるので忘れがちですが、覚えておくといいポイントです。PART2の冒頭では、マーティは彼女と2人でドライブデートに行く直前でした。そこへ未来から戻ってきたドクが現れ、ドクの誘いでマーティは彼女と一緒に30年後に向かうデロリアン号に乗せられます。ところが道中で足手まといに感じたドクが彼女を眠らせてしまいます。彼女はPART3の後半に再び登場しますが、その間、彼女はずっと眠っていて記憶もあいまいになっているという事を留意しておきましょう。
また30年後の2015年では、「マーティは交通事故でけがして仕事もクビになり、決して順風満帆な未来を送っているわけではない」という事も頭に入れておきましょう。これを覚えておくと、ドクの名セリフ「未来は自分で切り開くもんなんだよ」がより響いてくると思います。

PART2までのあらすじ

主人公の高校生・マーティは、親友の博士・ドクの作ったタイムマシン・デロリアン号で1985年の現代から30年前の1955年にタイムスリップしてしまう。
そこで若き日の両親に出会うのだが、母親がなんとマーティに恋をしてしまい歴史が変わってしまうかもしれない事態に!このままでは自分自身が存在しなくなってしまうマーティだったが、両親を元通りカップルにする事に成功し、30年前のドクの協力も得て、1985年に戻る事に。ところが今度は30年後の未来でトラブルが発生。ドクとともに30年後の未来に向かいトラブルを解決させるが、二人がタイムマシーンから目を離していたすきに、未来のビフにタイムマシーンを悪用されてしまう。
ビフが2015年のスポーツ年鑑を持ち出し、タイムマシーンで1955年に戻り、ハイスクール時代の自分にそのスポーツ年鑑を渡していたのだ!この年鑑を悪用してビフは大資産家となり、マーティとドクが1985年に戻ると世界は荒れ果てた姿に変貌していた。世界を元に戻すため、マーティとドクは再び1955年へ。2人は何とかビフからスポーツ年鑑を取り返し、あとは1985年に戻るだけだったが…突然の落雷でドクがタイムマシーンとともに消えてしまい、マーティ1人が取り残されてしまう。
途方にくれていたマーティだったが、突如現れた郵便局員から1通の手紙を手渡される。それは100年前にタイムスリップしたドクからの手紙だった。タイムスリップしてしまったドクを連れ戻すため、マーティは1955年のドクに協力を仰ぐ事に…。

#一緒に見ようBTTF3

1、2と大きく盛り上がった金曜ロードのバック・トゥ・ザ・フューチャー。
リクエスト企画として多くの方々もリクエストを受けての放送でしたが、今回初めて見たという方も多いようです。
そこでツイッター上では、元々もファンの皆さんから、「完結編のみどころ」を「#一緒に見ようBTTF3」のハッシュタグで投稿してください。
35年間何度も見てきた方も、今回初めて見た方も、完結編を一緒に盛り上がろう!

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』(1990 米)
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3のメインビジュアル

6月26日(金)よる9時00分~10時54分

◆監督・原案:ロバート・ゼメキス ◆製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ 
◆出演:マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド
メアリー・スティーンバージェン、 リー・トンプソン、トーマス・F・ウィルソン

オススメコンテンツ

P R

番組最新情報はコチラ