ニュース&コラム

放送作品
2020.1.9

世界興行収入1000億円突破したメガヒット作「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」にはロック様だけでなく、マーベル作品のあの人も出演!放送前にみどころをチェック!

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのワンシーン

4人の高校生がありえない姿に大変身!?1月10日は話題のヒット作「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」を地上波初放送!
4人の高校生が、ゲームの世界に入り込み、たどり着いた先は…ジャングル!!
4人の高校生が学校の地下室で古いテレビゲームを発見する。遊ぼうとしたその瞬間、4人はゲームの世界に入り込んでしまう!それぞれのスキルを駆使してゲームのクリアを目指すことになるが、果たして彼らは、現実世界に戻ることができるのか!?ドウェイン・ジョンソンや、ジャック・ブラックらの怪演に爆笑必至!友情物語としても楽しめる、サバイバルコメディー。
今回は「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のキャラクター紹介や製作裏話と共にみどころをご紹介!これを読めばもっと放送が楽しめるはず!

4人の高校生がゲームの中でまったく別人に生まれ変わった!登場キャラクターをご紹介!

■ブレイブストーン博士(ドウェイン・ジョンソン)

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのワンシーン

・スキル:勇気、クライミング、スピード、ブーメラン、キメ顔
・弱点:なし

勇敢で無敵なムキムキ冒険家ブレイブストーン博士。その中身は気弱なゲームオタクの高校生スペンサー。
演じるのは”ロック様”としてハリウッドでも最強アクションスターとして君臨し、経済誌Forbes発表「世界で最も稼いだ男優2019」にも輝いたドウェイン・ジョンソン。大ヒットシリーズ「ワイルド・スピード」のルーク・ホブス役など、その強烈なルックスとアクションで有名ですね。今回はこれまで彼が演じてこなかった臆病な役柄で、「ワイルド・スピード」シリーズとは真逆なヘタレ部分も名演しているシーンは爆笑必至となっています!

■オベロン教授(ジャック・ブラック)

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのワンシーン

・スキル:地図製作、考古学、古生物学
・弱点:持久力

デブオヤジの地図専門家オベロン教授。その中身はセルフィー大好きな可愛すぎるうぬぼれ金髪美人のベサニー。
演じているのは「スクール・オブ・ロック」(2003年)や「ガリバー旅行記」(2010年)などで知られるジャック・ブラックです。自己中心的な10代の少女をどう演じているのか?ぜひ放送でチェックしてみてください!

■ラウンドハウス(カレン・ギラン)

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのワンシーン

・スキル:空手、太極拳、合気道、ダンス・ファイティング
・弱点:毒

タフでセクシーな美女戦士ラウンドハウス。その中身はシャイで真面目なガリ勉高校生のマーサ。
演じているのはスコットランド出身の女優カレン・ギランです。彼女はマーベル映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズで青い顔をしたネビュラ役に抜擢され、人気を確立しました。スタイル抜群な彼女のアクションシーンから目が離せません!

■フィンバー(ケヴィン・ハート)

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのワンシーン

・スキル:動物学、武器運び
・弱点:ケーキ、スピード、強さ

小柄で足が遅い武器係の動物学者フィンバー。その中身はアメフト部のスーパースターだが頭が悪く勉強が苦手なフリッジ。
演じるのは人気コメディアンのケヴィン・ハートです。スタンダップコメディアンとしてキャリアをスタートし、俳優・脚本家・ラッパーなど様々な分野で活躍し、Twitterのフォロワー数が3600万を超えるなどSNSでも影響力が強い人物です。背が高くスポーツ万能な高校生なのにゲームの中では低身長で体力がなく、なぜかケーキが弱点という役柄を彼がどう演じているのか、注目です!

ロック様をリーダーに最高のキャストが実現!これまでにない役柄を楽しんだキャストたち

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのワンシーン

勇敢な探検家のブレイブストーン博士は筋肉ムキムキでアクションヒーローとしても完璧なキャラクターです。そういう意味でドウェイン・ジョンソンが演じるというのは最適なキャスティングでした。しかし、博士の体内に存在するのは、やせっぽっちのゲームオタク、アレルギー持ちで神経質な高校生スペンサー。そんなユニークな役どころを得たドウェイン・ジョンソンは「今まで演じてきた中で一番楽しめるキャラクターだったよ。これまでティーンエイジャーを演じたことがなかったから、臆病な16歳の少年を表現するのはチャレンジだったね。俺が16歳のときはすでに身長が190cmで体重が110kg。でも内面は自分が何者か分からないティーンエイジャーそのものでそうした気持ちを思い出して演じたんだ。」と語っています。
一方、ジャック・ブラックが演じるデブオヤジの地図専門家オベロン教授の中に入り込んだ、学校の女王様的存在で、自己中心的なベサニー。ジャック・ブラックにとってこの役の魅力は”自分の中にある10代の少女“を表現するという楽しみだったそうです。彼は「どうすればセクシーな女の子になれるか分かっていた。ただし僕が知っているのは1980年代のティーンエイジャー。だからクランクイン前に、高校生ベサニー役のマディソン・アイスマンを質問攻めしたよ。どんな音楽を聴き、どんなTV番組をみるのか、ってね。」と役作りのため共演者に頼ったことを話しています。
他にも個性派&芸達者のオールスターが集結し、どの人物も中身と外見にギャップがあるのがこの新たな「ジュマンジ」の最大の魅力となっています。

ハワイの大自然で行われたロケ、アクションと視覚効果の融合

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルのワンシーン

「主人公たちが本当にジャングルの中に入り込んだと観客に信じてもらいたかった」と語るのはプロデューサーのマット・トルマック。その結果ロケ地に選ばれたのはハワイのオアフ島です。渓谷や牧場、海岸も含め、ジャングルという世界にふさわしい景観が何マイルも続いており、いくつものセットが建てられました。
アクションにもオアフ島の絶景が生かされ、何十人ものバイカーが断崖絶壁を飛び越えるシーンが考案されたり、ジャングルという環境の中で複雑なワイヤーワークが用いられたりしました。アルピノ変異したサイの大群が突進してくるシーンでは、ジョンソン、ブラック、ハート、ギランの4人がフルサイズのヘリコプターの中で何日も過ごし、機体が傾いたり、スピンしたり、急上昇/急降下したりとさまざまな飛行スタイルが再現されたそうです。
また、アカデミー賞のノミネート経験もある視覚効果スーパーバイザーのジェローム・チェンがこだわったのはフォトリアルな動物たち。「象やサイは普通サイズの1.5倍で、ジャガーたちは2倍。現実よりも獰猛(どうもう)にした。悪役のヴァン・ペルトの身体はぞっとするような害虫などでできている前提なので口からサソリを出すシーンも再現できた。」と視覚効果のポイントについて語っています。

いかがでしたか?
世界興行収入1000億円を突破したメガヒット・アドベンチャー「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」は1月10日よる9時から、地上波初放送です!ぜひご家族揃ってお楽しみください。

P R

番組最新情報はコチラ